通貨ペアの特徴

ご機嫌よう❤️ゲイトレーダーのよっしーです♪

通貨ペアってたくさん種類があるからいざトレードをしようと思ったとき、迷ってしまうことってあるわよね🤔

先に結論を言ってしまうと万人におすすめの通貨ペアはこれ!なんて都合の良い話なんてないのよ

ここを勘違いしてしまっている方は非常に多いわね。

アタシとしても、いつでも勝てる通貨ペアをお教えしたい気持ちはあるんだけど、通貨の価格は買いたい人・売りたい人のバランスの変化で変わってくるから、一概に勝ちやすい通貨はコレ!と提案するのは難しいのよ💦

でも、仮に予め価格変動に影響する要因を知っていれば、相場の方向性を読み取ることも容易になって、結果として勝ちやすい通貨ペアが選びやすくなるはずじゃない?😊

そういった知っているだけで優位性が持てる情報をちゃんと把握していればその時の勝ちやすい通貨を見つけることができますし、勝ちを拾いやすい環境でトレードしていくことも可能よ♪

この記事ではそんな知っておくだけで通貨選びの確度を高められる情報をご紹介してイクわよ😘

まず記事に入る前に…
アタシのLINEは必ず登録しておいてちょうだいね♪

今回の事や、投資ついて分からない事があれば気軽に聞いてちょうだい❤️

公式ラインを登録して豪華特典を受け取る👉

通貨ペアの基本!主要通貨の特徴を把握しよう!

ご存知の通り、通貨とは各国のお金・貨幣のことを表し、日本なら円、アメリカなら米ドルといったものが当てはまるわね♪

通貨と言っても信用が厚くリスクオフとして買われることの多い日本円や、値動きが激しく投機の対象にされやすいポンドなど、通貨による特徴は様々よ。

日本円を例にしてみても、世界情勢が不安定になって自分の資本をどこか安全な国に置いておこうとトレーダーたちが考える事態に陥った時、「とりあえず安全だから」と有事の円買いが行われることもしばしばあるのよね🤔

このような通貨独自の特徴で相場の動きに違いが出ることを知っておけばリスクの高い通貨ペアを選択する確率が下がるので、結果的に勝ちやすい通貨ペア選びができるようになってくるわよ😘

通貨の特徴を知ることは勝ちやすい通貨ペアを見つけることに繋がっていくので、通貨の特徴を把握しておくこともとっても大切💡

全ての通貨の特徴を見るのは無理があるので、今回は相場に影響を与えやい主要通貨(①日本円=JPY、②米ドル=USD、③ユーロ=EUR、④ポンド=GBP、⑤豪ドル=AUD)の特徴やポイントをご紹介していくわね❤️

①日本円(JPY)

まずは自国の円からいくわね👍

日本円は米ドル、ユーロに次いで取引量が第三位で、日本は輸出業が盛んなことから原材料価格の高騰や貿易相手国の景気など、経済の動向に左右されやすいのよ。

そして自国通貨ともあってニュースで様々な情報を得ることができるので、他国に住んでいるトレーダーと比べると日本円の情報に対してかなり優位性を持って戦えるんじゃないかしら😘

また超低金利通貨としても日本円は有名であり、金利が低い日本でお金を借りて高金利通貨で投資を行う「円キャリートレード」が多いことも取引量が多くなる要因の一つであるの。世界全体で使用されているため通貨の価格が比較的安定であり、突発的な値動きが少ないことが特徴よ😆

こうした特徴から相場の方向性が読みやすく、特に取引量の多い米ドルと日本円の売買が行われるドル円(USD/JPY)は初心者向けと言われてるのよ✨

②米ドル(USD)

世界最大の経済大国でもあるアメリカの通貨で、国際金融取引の基準として採用されていることから『世界の基軸通貨』と呼ばれているわよね👍

そんな米ドルの特徴は二つあり、一つはアメリカの経済状況によって変動しやすいという事、アメリカが発表する金融政策で大きく変動したり、雇用統計といった注目度の高い経済指標では顕著な値動きが目立つかしら🤔

雇用統計は毎月の第一金曜日に発表されることが決まっているので覚えやすいですし、常に確認するように癖付けておけば他国の経済状況も把握できトレードを有利に進められるわよ😊

そしてもう一つは有事の時かしら!

戦争やテロといった有事の際はリスクオフの傾向になりやすいの!
取引量が最も多い米ドル関連がその影響を受けやすく、「有事のドル買い」として買いが増加する事が多いのよ。

ただ日本円で紹介したように、最近では「有事のドル買い」じゃなくて「有事の円買い」の傾向が強く、米ドルと共に円も買われやすかったりもするわね💋

基軸通貨である米ドルが買われやすいことは確かですが、ドル/円の通貨ペアに関してはドル売りの傾向になることは頭に入れておきましょ💡

以上二つの特徴を認識しておくことで、値動きに翻弄される頻度を下げることができるはずよ😊

③ユーロ(EUR)

ユーロは19カ国が加盟しているEU(欧州連合)で用いられている法定通貨で、加盟国の経済状況の変化に影響されやすい傾向にあるわね。

また、変動幅も主要通貨と比べて大きくなりやすいのも特徴よ💡

通貨の価格は国の経済状況や信用も反映されるとお伝えしたんだけど、ユーロの場合19カ国も加盟国がいるので全ての経済状況を把握するのは難しいのよね💦

加盟国の中でも経済規模の大きい国(ドイツやフランス、スペインなど)だけでも確認しておくと、ある程度把握することができるんじゃないかしら😊

ただ経済が不安定な国がユーロ内にあると敬遠されることも珍しくない為、経済規模の大きい国に加えて不安定な経済状況の加盟国もチェックしておくと良いかしらね♪

④ポンド(GBP)

ポンドも米ドル・ユーロ・日本円といった主要通貨と同様に取引量が多いんだけど、今までの通貨と比べて最も値動きが激しいことが特徴かしらね!

値動きが安定している米ドル/円と比べてみても、米ドル/円は一日に動いても1円程度なのに対して、ポンド/円では3円以上動くことも珍しくないので相場の方向性を読み取るのはやや経験者向けなのよ🤔

アタシはそういった理由からバイナリーではおすすめしてないのよね👍

一言でポンドを言い表すなら「長期的な目線で相場を捉えることは難しいが、一方向に価格が伸びやすいので短期的なトレードは狙いやすい通貨」といったところかしらね♪

また、ポンドを法定通貨として使用しているイギリスはヨーロッパ圏の国ではありますが、通貨にユーロを使用してないのよね!

2020年2月付けでイギリスはEUを離脱したんだけど、依然としてEU加盟国との取引も盛んに行われていることから、EU加盟国の経済状況にポンドが影響を受けることもあるので、取引の際にはユーロの相場も確認するといいんじゃないかしら❤️

さらにポンドはユーロと同じような値動きを見せることも多く、ユーロ関連とポンド関連の複数の通貨をチェックしておくことで信頼性の高いトレードも可能になるわよ🎶

ただ市場規模ではポンドの方がユーロよりも小さいので、「ポンドの値動きがユーロに影響を与えることは少ないけど、ユーロはポンドに影響を与えやすい」という関係性はキッチリ覚えておきましょ😘

⑤豪ドル(AUD)

豪ドルはオーストラリアの通貨で、高水準の金利が長く継続する傾向があることから、低金利の通貨との金利差を目的とした“スワップ狙い”のFX投資で運用されることが多くあるわね👍
メジャーな通貨ではあるものの、米ドル・日本円・ユーロ・ポンドに比べると取引高は少ない通貨になるわよ。

資源がとても豊富で、金や原油などの価格と連動することが多々あるわね!

また、地理的にアジア圏との関係性が深く、主な輸出相手国でもある日本・中国・韓国の経済状況が価格変動に影響する傾向があるわよ💡

売り・買いの見方♪

売りと買いが分からないけど聞くのが恥ずかしいから黙ってるって方いるんじゃないかしら?
ここでしっかり説明するので鼻高さんになりましょ😘

USD/JPYで話をしていくと、左が米ドル、右が日本円よ!

・左の通貨が買われるとチャートは上がり売られるとチャートは下がる

・右の通貨が買われるとチャートは下がり売られるとチャートは上がる

左右の通貨の取引量に応じてチャートは形成されているの。

仕組みはとってもシンプルで、通貨ペアが変わってもこの考え方は同じです💡

USD/JPYのチャートが上昇している場合、USD(左の通貨)が買われているあるいは、JPY(右の通貨)が売られていると判断することができるわよね!

反対にUSD/JPYのチャートが下降している場合、USD(左の通貨)が売られているあるいは、JPY(右の通貨)が買われていると判断することが可能!

 
どうかしら?二回に分けて説明したんだけどご理解いただけたかしらね?😘

まとめ

日本円

・日本円は自国通貨で情報を得やすい為、他国のトレーダーと比べて有利に戦える

・世界全体で使用されていることから流動性が高く、その結果突発的な値動きをしにくい

・取引量の多いドル/円(米ドル/日本円)は相場が安定しているので初心者向き

米ドル

・米ドルは取引量No.1の通貨なので流動性が高く価格も安定しやすい

・注目度の高いアメリカの経済指標発表前後は相場が荒れやすい

・有事の際は米ドルが買わられる傾向にあるが、米ドル/円だけはドル売り傾向にある

ユーロ

・ユーロは取引量No.2ではあるが、加盟国が複数あるので安定しにくい

・経済による影響を受けやすく、変動幅も上振れ・下振れする傾向にある

・経済規模の大きい国と経済状況が悪い加盟国の情勢をチェックしておくと相場の方向性が読み取りやすい

ポンド

・値動きが激しく長期的な相場の方向性は予測しにくい

・一方向に価格が伸びやすいことから、トレンドを見つけられれば連続で狙えることもある

・イギリスはEU加盟国なのでユーロと似たような相場のことが多い

 

豪ドル

・スワップ狙いのFX投資で運用されることが多い

・世界有数の資源国通貨のため、輸出相手国の経済の影響を受けやすい

・地理的にアジア圏(中国・日本・韓国)の経済状況が価格変動に影響しやすい

ここまででおわかりいただけたように価格変動は様々な要因によって変わっていくので、その根本的な原因を予め把握しておくことが大切!

しっかり理解した上でエントリーしていきましょ❤️

もし質問したい事、または投資について聞きたい事がある方は気軽にLINEを登録して聞いてちょうだいね♪

下の画像をクリックするとページに飛ぶわよ😘

>ゲイトレーダーよっし〜

ゲイトレーダーよっし〜

「ごきげんよう、ゲイトレーダーのよっし~よ❤️」

好きな事は一切我慢しない、 超絶オカマトレーダー参上!!

投資で負け続けていた取り柄のないオカマが、
なぜ年収1,000万を優に超える生活を手に入れられたのか?

相場の見方をちょっと変えただけで実現出来た史上最強のシンプルトレード。
「性別」「年齢」「学歴」「経験」「才能」 全て関係なし♪

バイナリーで勝ちたいアナタに送る究極の秘密☆兵器を大公開!!

「アンタたち、稼いで人生変えるわよ!!」

CTR IMG